Meisen style

銘仙は絹織物の一種で無地または縞(しま)を主とした実用的なものとして一般に広く用いられてきました

明治以後は模様加工にくふうが加えられて大柄絵模様も人気をよんだようです。

 

近年は普段着に和服を着ることが少なくなり、そのうえ化繊、ウール地の出現によって、ほとんど影を没してしまいました。

 

江戸時代から昭和初期まで親しまれて来た銘仙にもう一度袖を通してみませんか・・・

© 2023 by Sasha Blake. Proudly created with Wix.com